藤子・F・不二雄ミュージアム

2012.10.26.Fri.21:49
category: おでかけ, auther: Hiraku
開館以来、休暇を取って平日に行こうと画策してましたが、本日やっとこ決行しました。
ローソンで金曜日の10:00入場の回を迷わずポチって、おくさまからは「朝早いっ!」と難色を示されたのですが、
ジブリ美術館での時間の使い方を考慮しても、これは1日かかってしまうと思い、早起き出発です。
 
毎度ながらの府中本町駅での南武線の接続に辟易しながらも最寄り駅の登戸駅へ。
藤子・F・不二雄ワールドに染まったシャトルバスに乗って、美術館へ向かいます。
 
シャトルバスなので止まりますボタンを使わないんですが、オバQラッピングされてます。
 
橋の欄干にドラえもんがいたりと、道中にも注目スポットがあったりとわくわくが止まりません。
着いた!壁にドラえもんの目があったりして、建物の作りも凝ってます。
 
窓枠も漫画の枠組みイメージ。
 
まずは、館内の案内が30人ずつに区切ってあります。音声ガイドの使い方とか。
入場のタイミングが分散されるので、助かります。その後、チケットと引換に音声ガイドとミニシアターのチケットを。
おくさまは、コインロッカーに荷物を預けてきてます。

展示室では、漫画の原稿、漫画制作過程の紹介インスタレーションがあったり。特にカラーのカバー絵は見応えあり。
音声ガイドは優れもので、豆知識や流れている映像の信号をキャッチして音声を流してくれたりとかなりできるヤツです。
代表作品の第1話は、今読み返してみると面白いなぁと。オバQも毛は3本以上あるし、ドラえもんはちょっと太めだし。
そんな展示の合間に、きれいなジャイアンが登場します。平日ならではの並ばず体験。
 
意外にレバーは重いです。ギーコギーコきれいなジャイアンが登場します。
一緒に写真を撮るのは意外に難しく、あっという間に沈んでしまいます、そりゃジャイアンですもんね。

先生の書斎や、プライベート紹介、年表等があって2時間ほどで展示自体は見終えました。多すぎもせず少なすぎずの調度良いボリュームです。
子供も飽きずに最後まで見て回れます。ただ、ジブリ美術館のように期間を定めた企画展とかをやればもっとリピーター増えそうなのにな、と思ったり。
 
展示が終わったら、調度良い時間だったのでミュージアムカフェへ。待ち時間が48分ほどということ。
ミュージアムカフェは、ジブリ美術館では延々並んだわけですが、ここのシステムが素晴らしく、自分の番号が呼ばれるまであと何組が携帯サイトでリアルタイムに確認できます。
 
というわけで、安心して先にシアターに行く事にしました。シアターは、ジブリ美術館のような座席もベンチのような感じでこじんまりとした作り。
21エモンとドラえもんのコラボ作品。新しいドラえもんの声に慣れないなぁと思いつつ、21エモンは懐かしい!! モンガァー。
上映後に秘密の道具が紹介されるのです。

ミュージアムカフェも若干順番待ちの時間があったので、3Fのはらっぱへ。
快晴のおかげでベストコンディション。パーマンも気持ちよさそうにのんびり。

ピー助とも記念撮影。

どこでもドアがあったり、その他おばQ、ドラミちゃんとも記念撮影。


そうこうしているうちに、ミュージアムカフェの順番がまわってきました。お腹すいたー!
席に案内されると、番号のついたキューブを持ってカウンターへ注文をしに行きます。



私は「ジャイアントとカツ丼」を注文。納得のボリューム。

味もさることながら、丼もなかなか凝ってます。


おくさまは「ラーメン好き好き小池さんのラーメン」を注文。

案外味も美味しかったです。こちらの器はいたって普通のラーメンどんぶり。

セットについてくるコロ助のコロッケ。ペーパーナプキンもコロ助なり。


店員さんも親切で、いろんな話をしているなかで、デコレートにゴンスケがあったことを教えてもらいました。
なかなか、知名度がなく今はメニューには載っていないのですが、特別に作ってもらっちゃいました。

座ったテーブルの番号キューブもなにげにゴンスケ。東北弁の憎めない私の好きなキャラクターです。


メニューにもさりげなくドラえもんの鈴が。

そして、ドラえもんのスフレアイスクリームデザートをいただきました。


おくさまは21エモンブラン。先生も栗がお好きだったとか。




トイレのサイン表示とかも細かいところまで凝ってて素敵。


食後は、読書コーナーにて藤子・F・不二雄作品を読みまくり。
それでもまだまだ足りなくてこれは一日座って読み漁れるレベル。

ミュージアムショップでは散財してしまいました。


帰りのバスも可愛い。




結局帰途についたのは夕方。一日中楽しめる素晴らしい施設でした。
comments(0) | trackbacks(0)

箱根旅行3日目

2012.07.25.Wed.22:36
category: 旅行, auther: Hiraku

温泉のせいか、昨日のアウトレットパワフル廻りの疲れがない。素晴らしい良い目覚め。
それか昨日の夜に飲んだ美味しいサイダーが効いているのか!?

片浦レモンサイダーめっちゃ美味しかった。ちょっと値段張るけど。
今日の朝ごはんもしっかり食べました。

天気が回復してきているので、今日こそは海賊船に乗れるかな?と期待をこめて強羅駅へ。
おぉぉぉぉぉ、2日間ずっと動いていなかった海賊船が動いている!
というわけで、今日は海賊船へ乗りにレッツラゴーです。

ケーブルカー、久々に乗るのですがやっぱり不思議。そして、かっこいい!!

登山をしているなぁという感じがします。不思議な乗り物ばかりでワクワクします。
ケーブルカーで早雲山駅まで登ったあとは、ロープウェイで大涌谷を目指します。

こういうむき出しのメカって心躍ります。風が強いので若干怖いですが、ウキウキ感が勝ります。

吹きさらしのところでは、ビュービュー音も鳴りますが、気にしない、気にならない!

大涌谷が近づくと山肌が硫黄っぽく。土も黄色になり、匂いも温泉の匂いに。

大涌谷半端じゃなく寒いっす。洒落になりません。風もかなり強くて飛ばされそう。
というわけで、本当は黒たまごを売っている茶屋らしきところまで散策するつもりありましたが、
次回への申し送り事項となりまして候。

とはいえ、黒たまごは寿命延びるというので買って食べましたが、うまうま。

さすがにこれは食べられませんが。


ちょっと寄り道しましたが、またロープウェイに乗って桃源台港へ。
一部運休かもとか情報が錯綜してますが、今日は最終日なので駄目もとでも行ってみようと。

やったぁぁぁ、動いておる。というわけで、天気の気が変わらないうちにとそそくさと乗る。

わーい。風が気持ちいい!なんと、フリーパスで乗れてしまうのです。

そして、フリーパスの対象じゃない西武グループの遊覧船。
西武園に行きたかったのに、フリーパスじゃないから断念したという。
こちらの箱根海賊船は乗客満杯なのに、あちらはこの写真で見る限りもガラガラ。
早く意地はってないで、共通フリーパス作ればいいのに!

ちょっと富士山が見える芦ノ湖というわけではありませんでしたが、景色は良いので満足です。

元箱根で降りて箱根関所とかも考えましたが、ポーラ美術館も行きたいなーということで。
今回はスキップして単純に芦ノ湖遊覧で一路強羅に戻ります。

戻りのロープウェイは一転して霧の中。先が見えないロープウェイちょっと怖い。
気候が変わりやすい中で、海賊船にちゃんと乗れただけラッキー!

強羅駅に戻って、今度は残り時間が迫る中ポーラ美術館へ突撃です。
やはり、今日も箱根登山バスは揺れに揺れまくり、お昼を我慢して良かった・・・な状態に。
これ、満腹状態だったらちょっとシャレにならない感じになりそうでした。

けっこう本命に近いポーラ美術館に到着。
時間も残り少ない中なので、お昼を我慢してまず展示をひと通りチェック。
かなりの収蔵品に数に驚き。幅広く偏らず、機会があれば蒐集していらっしゃった様子。
これは第挟も楽しみ。また、これだけのためにでも箱根に来て良いくらい。

最初、おくさまはポーラ美術館と化粧品メーカーのPOLAが結びつかなかった様子で。
強羅をおしゃれっぽくしたネーミングなのかと思っていたらしい。
それも、創業者の「私は化粧品の製造を通して・・・」のくだりで、やっと結びついて一人驚いてらっしゃいました。
以前、2人で銀座のPOLA美術館アネックスに行ったことあるのに・・・。

建物もとても綺麗で、裏庭は散策できるそう。今度時間があって、天気も良ければ歩いてみたいな。

少し時間に余裕があったので、カフェで軽く腹ごしらえ。
サンドイッチ、コーヒーゼリーソフトとケーキセット。
こんなに美味しいケーキが400円程度とすごい良心的な値段。
ソフトクリームは700円とやや割高ですが、納得の味。

ポーラ美術館からの帰り際に看板前で警備員さんに写真をお願いしたら、ズームとか構図とか凝って撮ってもらえて、
あぁ本当に箱根の人ってホスピタリティあふれる人が多いんだなぁって実感しました。

楽しかった旅行も、箱根登山電車で下山して、ロマンスカーに乗り込みます。
えゔぁ屋に再度寄ってお土産を買い足して、NERV焼なるものを買ってみたり。

ロマンスカーVSEタイプは、本当に綺麗な車内で新宿までの旅は快適でした。

こんなお弁当を買ってみたりして。ロマンスカー海鮮丼。

途中、車窓から見えた夕焼けはとても綺麗でした。明日は天気が良いんだろうなぁ。

新宿で下車した途端ムワッとした熱気。やっぱり、箱根は本当に寒いくらい涼しかったんだなぁ、と。
また、箱根に涼みに行きたいな。あ、でも今度は紅葉を見に行くのも良いな。

comments(0) | trackbacks(0)

箱根旅行2日目

2012.07.15.Sun.23:08
category: 旅行, auther: Hiraku
昨日はけっこう動きまわったのに、温泉が効いたのか気持ちのよい目覚め。 
メルヴェーユ箱根強羅は、朝食はお魚が選べるし美味しい。
部屋内浴室が清掃きちんとされてないとか、ちょっと煙草臭いとか、
22:00くらいまで1Fのカラオケボックスの歌声がうるさいとか不満点もあるけど。
値段と部屋の広さとこのおいしい朝食ですべて帳消しできる。

強羅駅から御殿場アウトレットまでは、箱根観光周遊バスが1時間1本間隔で終点に御殿場アウトレットを追加してルート延伸するという形式。
もうちょっと本数増やしても良さそう、運良く座れたけど1時間近く山道を立ってバス移動は、ショッピング前なのにちょっと堪えそう。
それも、御殿場アウトレットからの帰りバスは19:00が最終便とな。
夕飯をアウトレットで食べられないばかりか、到着時間には強羅の食事処も閉まっているであろう中途半端な時間。
交通事情はもうちょっと改善しても良いと思います。行きにくいところにこそアウトレットというのはわかるのですが・・・。

御殿場アウトレットは、かなり広くてあまり他のアウトレットにはないショップもあったので、優先順位をつけて短い時間の中でさくさく見て行きました。
雨が降ったりやんだりしつつ、深い霧が出る中でしたが、午後になると大勢の人で混雑してました。

おくさまは全然服を買いませんでした。うーん、そんなに遠慮しなくても良いんだけど。
と思いつつ、本人はハイブランドのショップでウィンドウショッピングができただけでも大変満足とのこと。

本日の戦利品1 ZUCCA のTシャツ

ウェイティング・・・何をウェイティングしてるのかわかりませんが、
ポケモンでいうグレッグルのようなキモカワキャラのTシャツを衝動買いです。

これがおくさま。

この長めなのがわたし。

本日の戦利品2 Ne-net のTシャツ

やぁ、こんにちは。


本日の戦利品3 ラコステのポロシャツ

ダークな紫色は試作品らしく、かなり安価にゲット!

今日の戦利品4&5 ユナイテッドアローズのポロシャツ

会社に来ていけるポロシャツが増えて嬉しい。ボタンのところがけっこう洒落おつ。

今日の戦利品6&7&8 バナナリパブリックのポロシャツとワイシャツ

まとめ買いするともっとお安くという。Gap系列はセール時の値段が本当にすごいことになるよなー。
着心地が良いのに値段が手頃なのでつい買っちゃう。

本日の戦利品9 エンポリオ・アルマーニ

倉庫でワンサイズ上のものを探してきてもらって、無事購入できました。

本日の戦利品10 T-Falのフライパン

新商品なのにアウトレットで廉価で販売されているという。
フライパンは消耗品だからね・・・。

本日の戦利品11 ロイヤルコペンハーゲンの大皿

なんと70%引きの大皿。模様に難点ありとのことなんですけど、あんまり気になりません。

途中、bodum cafeで一休み。bodumのアウトレット店舗はここだけなのね、貴重。


そして、本日の夕食は紅虎家常菜にてテイクアウト。
まだ食べられただけましというやつです。


箱根と御殿場アウトレットの利便性はまだまだだなぁと実感。
美味しい夕食を食べたいし、ゆっくりもうちょっとアウトレット見て回りたかったなぁ。
今後、バスの本数が増えることを祈って。
comments(0) | trackbacks(0)

箱根旅行1日目

2012.07.14.Sat.23:36
category: 旅行, auther: Hiraku

夫婦共々30歳になったことを記念して、前々から行こうとしていた箱根へ旅行に行く事にしました。

出張では乗れなかったロープウェイや海賊船にも乗りたいし、美術館めぐりもしたいし、御殿場にも。
といろんな希望と夢を乗せて、珍しく早起きして出発です。

ところが、早朝に神奈川に降った大雨のせいでロマンスカーが運休。
車掌さんが回送電車で女子高生と云々してたのをエロマンスカーとか揶揄した天罰なのでしょうか。
せっかく座席予約した(それも展望席!)のに、普通電車の急行小田原行に乗るはめに。

小田急線の車窓の景色は、なんだか懐かしい。相模大野までは学生時代によく見た景色。
大学時代はよく小田急に乗って都内に繰り出してたよなぁ、同時にかなり元気あったよなぁと。
そんな景色をロマンスカー展望席で見る野望が潰えたのはショックが大きかったのですが、
これはまたリベンジしろという啓示なのであろうと無理やり納得。運良く座れただけ良しとしよう。

なんだか、川の流れがいろいろとおかしい様子が見れました。濁流というか色が茶色いし流れも異常。
ポジティブに考えれば、早朝に大雨降らないとこんな川は見れないもんな、と。
とはいえ、車両基地に止まっているロマンスカーを恨めしそうに見ながら、小田原駅に到着。

箱根湯本までは小田急と相互乗り入れしているのに、小田原駅で改めて箱根登山鉄道に乗り換え。
すべての列車箱根湯本行にすれば良いのに。大勢の観光客がホーム奥のオレンジ部分に向かいます。
電車は赤い塗装が施されてあって、登山電車と同じようなカラーリングになってます。
新しい感じの車両は快適ですが、両数が少ないので観光客でごった返してます。
韓国や中国の人が多くいる中で、欧米系の方もちらほら。「温泉」っていうのが珍しいのかしら。

箱根湯本駅に到着すると、今度は箱根海賊船が運休というショッキングな事実を知ることに。
濃霧と強風で運転の見通しが立たないとのこと。
予定ではこの後、登山電車→ロープウェイ→箱根海賊船→元箱根な予定だったわけですが。

気を取り直して本日最初のスポット、エヴァンゲリオンショップのえゔぁ屋へ。

本日オープンということで、関係者もいる中で痛車も駅隣の駐車場にあったりして。
コスプレをした人が痛車の前で記念撮影をするという一コマもありました。

先日のトトロ放映の後の衝撃の予告映像通り、チラシもこんな感じになってます。

果たして公開間に合うのか?!なんか本編ピアノに関係する何かがあるのかしら・・・。

のっけから大人買いな感じですが、まぁ本日の戦利品です。

L.C.Lの湯はなんだか気になる。あ、人形焼はけっこう美味しかったです。


箱根湯本より登山電車にて強羅駅へ山登り。途中何回もスイッチバックがあって、
あぁ、山登りしてるんだなぁって、旅気分になります。あじさいもまだかろうじて綺麗に咲いてます。

そして、強羅駅に到着。今回の宿「メルヴェーユ強羅」へ先に荷物を置きに行きます。
・・・坂がきつい。送迎をお願いすればよかった。ケーブルカーの傾斜をなめてました、すみません。

本日の予定を組み直す訳ですが、その前に腹ごしらえ。
おくさんの美味しそうだレーダーに引っかかった強羅公園前「山路」にて昼食。
すんなり入れた上に、普通に美味しかったです。やや観光地価格ではありましたが。

強羅駅に戻って、箱根海賊船の運行状況を再確認。これはもう運転する様子はなさそう。
3日目に予定していた美術館めぐりを前倒しすることにしました。
ポーラ美術館は一番強羅駅からも近いので、3日目の行程にも組み込めそうということもあって、
本日回れそうなのは、きっと2館くらいという読みで、ガラス系の美術館以外を回ることにしました。

箱根観光周遊バスという路線で、箱根ラリック美術館へ。
途中、ぐるんぐるん回る行程の道で軽く車酔い。これは、景色をまっすぐ見てないとアウト(おうと)だ。
最悪のマーライオンは避けられましたが、軽く頭痛がやってくるという、参ったなぁ。

箱根ラリック美術館は、美術館自体がとても綺麗で、お庭の芝生も素敵。
時間があればお昼を食べても良かったかもしれない。併設の雑貨ショップもセンスが良い。
創設者のルネ・ラリック好きがひしひしと伝わってくる豪華な収蔵品。
クラシックカー収集から始まって、カーマスコットのルネ・ラリックに魅せられたらしい。
愛着を持って収集してきたルネ・ラリック作品に、すっかり見入ってしまった。
今度はオリエント急行でのティータイムにも参加してみよう。

箱根ガラスの森美術館は・・・展示があってないようなもの。
展示物よりミュージアムショップの方が充実しているという、美術館というよりガラス製品ショップ。

まぁ、お庭は良かったしジェラードアイスクリームは美味しかったとしても、だ。
クリスタル・ガラス・アンサンブルの演奏が聞けなければ、危うく入館料返せーって叫びたくなる。
思わずDVDを買ってしまいました、クリスタル・ガラス・アンサンブル。
水の入ったグラスではなく、水をつけた指でグラスを擦ることで音が出るという不思議。
音が透き通っていて高温が心地よい。DVDの値段も2000円と良心的な価格。
今更ながらCDも買っておけばよかった。
サインを入れて貰って、少し演奏者の方と話しました。これだけでも価値があった!

良い感じで日もくれて、一度宿に戻って夕飯を食べに出かけました。
テレビで特集されていて行ってみたかった、田むら銀かつ亭。
案の定、行列が出来てましたが座りながら待てたのであんまり待った気がしませんでした。
これが炎天下の中立って待つ状況だったら、並ぶのが嫌いな私は無理だっただろうな。
待つこと1時間ほどで、やっと席につけました。
おまたせしてすみませんという感じで、気さくに話をしてくださる店員さんといい、綺麗な店内といい。

そして、豆腐カツは絶品でした。柔らかくて、味も染み込んでいるのに食感が良い!
デザートも美味しくて、何から何まで大満足。並んだ甲斐がありました。

宿に帰って温泉に入って、一日の疲れを落としつつ明日の御殿場アウトレットに備えるのでした。

comments(0) | trackbacks(0)

大江戸問屋祭り

2012.07.01.Sun.22:31
category: おかいもの, auther: Hiraku

気になっていたイベント、大江戸問屋祭りに行って来ました。
このイベント、岩本町ファミリーバザールと違って1日のみの開催なので気合を入れて参戦。

馬喰横山駅で下車すると、紙袋を持った方がちらほら。
あぁ、やっぱり買い物けっこうされてる方いるんだなぁと。

まずは日東タオルで、バスタオルをゲット。そして目に付く「トトロのタオルあります」。
一度お店出た後また入り直して買ってしまいました、小さなタオル。箱もカワイイ。


衣料品は年齢層高めなものがやはり多いのでスルーをしていって、
またタオル屋さん。バリエーションの違う「トトロのタオル」をまたゲット。
この野島タオルというお店、社是がすごい。「利益は失うとも信用は失うな」
創業大正15年ってうちの祖父さんと同い年ではないか。

その後ベルトを500円で買ったり、チェーン展開するサカゼンの本店を見てみたり。
おくさんはカンダ手芸でビーズを見てみたり。毛糸をmarbeeというお店で買ったりと。

浴衣を探していたおくさまは丸中呉服馬喰町新道店で、
良さそうな浴衣を2着ほど。物は確かによさそうでデザインも良いのに安価。
良心的な感じがします。私も結局浴衣と草履をゲットしてしまいました。
店員さんの勧め方も的確、高くても似合わなさそうなものは決して勧めないし。
こうやって、取り込まれてつい買ってしまうんだろうな。
後に百貨店で同じような草履を見たら倍以上の値段がついてました。卸価格は強いなぁ。


お昼はカレーうどんの千吉で。吉野家ビルと書いてあって、2Fが吉野家という不思議な構成。
千吉ってそういえば吉野家参加だったんだよな。

あ、ばっちりサンバにも遭遇しました。夏の開催時は毎回サンバが着ている様子。


そのまま歩いて浅草橋駅方面へ。本当は花火も買いたかったのですが、
花火のお店は軒並み日曜日はお休み。土曜日に再訪しよう・・・。

駅を過ぎたところにあるキャナエル。
業務用品のイメージが強いシモジマグループの店舗としては、かなり実用的な意味で使えるお店。
特に直輸入モノのポストカード類等、心踊る品揃え。女性にもおすすめ。

そして、足がもう棒になって限界近いのですがシモジマ浅草橋5号館へ。
もうね、包装用品とか箱とか心が踊るなんてものの騒ぎではなく、
男なのにジュリアナ扇子振ってお立ち台に上がってしまっちゃうようなテンションアゲアゲですよ。
いろんなものの業務用!という大ボリューム感といい、お得感といい。
紙類の豊富さといい、これは1日中時間を潰せるね。そのレベル東急ハンズを上回るクラス。

とまぁ、体力の限界を上回る行動を休みなく行った結果、途中具合が悪くなってしまう始末。
休憩は大事・・・だね。(パタリ)

comments(0) | trackbacks(0)

西武・電車フェスタ2012 in 武蔵丘車両検修場

2012.06.10.Sun.20:30
category: おでかけ, auther: Hiraku
 
やってきました、武蔵丘車両検修場。
直通電車には乗れなかったので、飯能駅からバスで向かいました。

点検中の車両、いつも毎日乗っているはずなのにこの角度で見ると新鮮。

座席もクリーニングされているみたい。
こんな視線で車両を見るのもぶっ倒れない限りないので。それも、女性専用車両。

電車を上から見てみよう、の巻。パンタグラフ、かっちょいい。

見整備品パンタグラフの山。これもこれで、かっちょいい。

パンタグラフ操作体験。見てるだけでおもしろい。

看板のディスプレイ方法もクレーンで吊ってあるという素敵さ。

幻のモーターなんだそうです。マニア向けのポップアップが本当に面白い。
今年は前年度からパワーアップして新旧モーターの協奏です!とか。

すごい機械登場。レールを削るものだそうで。

軌陸車という車?だそうで。レールの上も走れるすぐれもの。
タモリ倶楽部で、タモリが喜んで乗ってた気がする。

これは・・・牽引車?説明なかったけど、きっとそうに違いない。

お腹がすいたので味噌まんじゅう。めっちゃ美味しかった。
一緒に飲んだ西武ミルクコーヒーというのが、劇的に美味しい。これ、どこで売ってるんだろう!?

西武鉄道創業100周年ということで、過去のいろんなものを展示されていました。

所沢駅があれば、清瀬もあります。

歴史を感じますね。フォントはけっこうかっこいいと思う。今でも通用するくらい。

トラバーサーに載ったこれも見覚えある電車。虎サーバーに空目しました、最初。

すごくピカピカに磨かれてる。こうやって、事故の無いようにメンテナンスされているのを見ると安心。

トラバーサーが動くスペース、ひろ〜い。

構内にやぎがいて、放牧されているそうです。草を食べて環境美化に努めているそう。

あれ、真ん中のキャラクター汚れてない?なんとなく。

帰りは臨時電車の飯能行に乗り込むことができました。
物販ブースでもいろいろと買い込んだので、電車で帰れるのは嬉しい。
それと、整備工場から出発するっていうレア感がたまらない。

乗降口はこんな感じ。

わくわくが止まらない!!(子どもの気もち)

だって、これから乗る電車の駆動部が見れるんですよ。うひゃひゃ。
というわけで、最後まで楽しかったイベントでした。

アドリブの車掌さんのたどたどしいコメントも新鮮でした。いつもの喋り方じゃなく、
「みなさんに楽しんでいただけるようなイベントを今後も頑張って考えていきます」
といった内容で。本当にこういうファンサービスはいいと思います。


本日の戦利品なり。折りたたみ京急傘、東京メトロクッキー缶と路線図。
東急電鉄ノート。あれ、西武鉄道グッズは・・・?まぁ、また今度ですね。
comments(0) | trackbacks(0)

サンシャイン水族館

2012.06.08.Fri.18:52
category: おでかけ, auther: Hiraku

今日は久々に平日に休暇を取得したので水族館へ行ってみました。
たぶん、小学生時代に家族と行って以来となるだろうサンシャイン水族館。
リニューアルオープンしてから、混んでいると聞いていたのでのんびり見れる平日に行ってみました。

まずはアナゴがお出迎え、可愛い。隣にはチンアナゴという略すと大変な名前のアナゴもいらっしゃいました。

タツノオトシゴも綺麗。正式な名前は忘れました。

大水槽で泳ぐ魚も気持ちよさそう、今日は暖かだったし。

光の加減が素敵に取れました。フォーカスがあっている赤いエビが主人公の絵。

カニ大好き、食べるのが。

ズームアップするとなかなか怖い、カニの頭。

巨大すぎて気持ちの悪いタコ・・・。人も襲いそうで怖い。

一方、可愛いラッコはお食事中でした。割ってませんでした。

いつ見て優雅で可愛い。尾ひれがひよひよ揺れてる様子も良い!

光の加減でお魚が光って見えます。

なぜか独立した水槽でさびしげなマンボウ。

顔は田中邦衛似?

クラゲも海にいるときはゴミ袋みたいなのに、こうやって光って見るととっても綺麗。

リクガメもいました。

2355のメロディーが頭の中で流れる・・・。

ウーパールーパー。個体によっては可愛げなく成長しちゃうとはなんという罠。

カエルカワイイ。

なんか踏みあってる。上下関係?

こんな黄色いカエルも。置物のよう。

愛を囁き合う・・・のではなく餌をめぐって取り合いをしているだけ・・・。

ペンギンはちょうどショーをしていました。餌付けおもしろそう。

これなんじゃこれ?と思ったら。

がぁ〜がぁ〜、アヒルでした。

なんだか、けっこう楽しめました。混んでないのも良かったし、なにより癒されました。
会社早く上がれたりするときに、さっと見てみるというのも年間パスポート買ってあり?!

comments(0) | trackbacks(0)

第66回岩本町・東神田ファミリーバザール / 第5回 大学は美味しい!! フェア

2012.06.03.Sun.02:21
category: おでかけ, auther: Hiraku

今回も行って参りました岩本町ファミリーバザール。
前回はおくさまが、あしながおじさんの靴を安価にゲットしていて、
相当ホクホクしていたので、期待していたのですが、今回は見つけられず、残念。

今回も前回同様のお店が並んでいるのですが、思い切ってバッグを買ってしまいました。
前回も気になっていたのですが、BAG工房Anjuのもの。肩掛けショルダーではないのですが、
革の鞄が気になっていて、スクウェアですごくお洒落。会社持って行っても良いなぁと思って。
あとは、いろんな説明をお店の職人さんから聞いていくうちに、どんどん欲しくなってしまい。
私の予算的にはかなりオーバー気味ですが、一生ものなんで買ってしまいました。

あとは、卵焼き用のフライパンとミルクパンをおくさまは買ってました。
MAYERというドイツのメーカー製。安価なのに良さそう。

岩本町から都営新宿線にて新宿三丁目駅へ。
駅から高島屋までかなり遠くて、新宿駅で降りたほうが良かったかなと思いながらも、
やっとのことで次のお目当て大学は美味しいフェアの会場へ到着。

帯広畜産大学のソフトクリームは、チーズ味がかなり美味しかったです。
おくさまが食べていたバニラ味も負けじとクリーミーで良い感じ。

宮城大学ではニラ入りのかまぼこを買いました。
笹かまシェア日本一の街(塩竈市)の生まれ育ちでありながら、食べたことのない味。
なるほど、研究成果でニラを入れることができるようになったわけですな。
製造メーカーはやっぱり塩竈市の会社。でも、会社名を聞いたことないなぁと思っていたら、
元は石巻に工場があって被災して塩竈市に移ってきたようで、なるほど。

弘前大学のりんごジュースは未熟りんごを使って作ったようで、
甘すぎずとっても美味しい!健康にも良いようで。ビールも試飲させてもらったのですが、
2種類どれも美味しかったです。今回限定販売のカクテルっぽいビールをゲット。
かなりお高めですが、奥様はりんごジュースの方も気になっている様子。

信州大学のジャムは前回完売していて買えなかったので、今回は無事ゲットしました。
ブルーベリーはすでに完売していて、いちごジャムを買って来ました。


そして、夕飯は近畿大学のマグロ!
中トロ丼を食べたのですが、油のノリも良くてくさみもない美味しいマグロでした。
養殖が成功して安定的にマグロが食べれるようになるとは、将来も安泰と安心できる味でした。
おくさまが食べた中トロ赤身丼もなかなか。

提携している食品会社の方だけのブースよりも、学生さんが立っているブースの方が、
活気があった印象。大学の研究成果が反映された食品を、実際に携わった大学生が
自らの手で売るブースが増えるといいなぁと。

comments(0) | trackbacks(0)

少女革命ウテナ

2012.05.09.Wed.08:42
category: アニメ, auther: Hiraku
輪るピングドラムが面白く、過去の幾原作品を見たくなったので。
ウテナをまとめてアニメ全話 劇場版まで見てしまいました。

登場キャラのアクの濃さやオーバーリアクション、派手な演出やBGMの使い方などなど。
やはり、幾原作品のハマってしまう要素は織り込まれていて。やはり、引き込まれてしまいました。
当時午後6時からやるアニメとしては刺激的な内容(近親相姦、性描写)が多くあったりして、よくやりきったなぁと。
ヒロインのアンシーは肌が黒いけど、ナディアといいあの頃のトレンドだったのかな。

ただ、内容は色々な謎の解読及び解釈が難しく消化不良なまま残ってしまいました。見返さないとだめなのかな。

劇伴音楽は、個人的には合唱曲は苦手。「絶対運命黙示録」以外は全然記憶に残りませんでした。単純にピアノ曲含む他のBGMは良かったのにね。
その意味ではピングドラムのアイドルアレンジソングは、奇をてらい過ぎずにしっくりいったのかも。

劇場版は、テレビアニメの焼き直しかと思いきやストーリーも全くに近いくらい別物。
監督がテレビアニメでやり損ねたことをすべてやりきったんだなぁと。話の展開が斜め方向にトンでっちゃうアングラ劇団のノリとか、主人公二人の百合展開とか。
ちょっと映画版は、置いてきぼりにされちゃいました。
comments(0) | trackbacks(0)

テルマエ・ロマエ

2012.05.06.Sun.14:37
category: 映画, auther: Hiraku
珍しく父が見たいと一押しのテルマエ・ロマエ。
両親と妹夫婦とレイトショーを見に行ってきました。利府MOVIXは久々で、震災後は初めて。
営業再開まで時間はかかったみたいだけど、実家からかなり近くて便利なところなので復活して本当によかった。

予告編を見た感じバカバカしい感じがして、映画館に行くほどのものじゃないかな・・・
と、あまり期待していなかったのですが、意外にコメディ映画として良作でした。
さすが、フジテレビがアニメ(動かないFlash)まで作って番組宣伝しただけあるなぁと。
アニメのほうは1話見ただけで、もうギブアップでしたが、映画は最後まで笑い倒しでした。

ローマに行ってしまった後、会話がすべて日本語に統一されてしまったときに、
さりげなく右上に<bilingual>テロップが出たりするコネタも嫌いじゃないです。
平たい顔族とは違うらしい、濃い顔のキャスト陣もあながち違和感ないです。
そういえば、劇中出てきたTOTOのショールーム、私も行ってきたことがあります。
comments(0) | trackbacks(0)