姫路旅行1日目

2013.09.14.Sat.23:50
category: 旅行, auther: Hiraku
この3連休は可愛い後輩の結婚式に向かうべく関西方面へお出かけ。
せっかく、関西方面へ行くならばと前後1日を使って旅行してきました。

残念ながら、家を出るところから充電器を忘れて引き返してしまい、
座ってのんびり東京駅に向かう予定が崩れるという痛恨のミス。
待ち合わせに遅刻してしまいました。今回の旅行の同伴者である盟友まだこ氏よ、遅れてごめん。

東京駅ではエキナカにてカツサンドとビールを。
え?朝っぱからビール?いやいやいや、旅行の醍醐味じゃないですか。

まだこ氏は万世カツサンドを狙っていたようですが、まい泉のカツサンドに。
まぁ、ま○せ○は一緒じゃないですか。「まんせい」と「まいせん」。
あ、あれ?「ん」と「い」を入れ替えるだけ?これってけっこう大発見?

長谷川酒店が入っているので、普通のビールではなくCOEDOを購入。


連休初日ということもあって、東京駅も混んでるし新幹線も混んでました。
N700ってことでWiMAXで電力消費の酷い我が携帯も安心。
まだこ氏はちょうどモンハン4の発売日ということもあって、3DSにてダウンロードを試みてました。
それにしても、au WiFiが東海道新幹線で使えないっていうの、なんとかして欲しいものです。

あっという間に、新神戸に到着。
実は神戸での合流を予定していたもう一人のとしくんへは13:00と誤った時間を連絡するという失態。12:00に到着しちゃった、てへ。

彼は合流に間に合わない感じなので、まだこ氏と 「まずは」ヤマダ電機LABI三宮へ。
聖地巡礼よろしく、スロットを回しました。6等50ポイントでしたが。
いたって普通のヤマダ電機です、安心です。

お次はセンタープラザです。そっち系のお店がわんさか集積して、それはもう中野ブロードウェイの様相。
ゆっくり店舗内を見る時間はないので、ウィンドウショッピング。
アーケードに橋が渡っているのって珍しいなぁってことでパシャリ。


三宮駅でとしくんと合流し、まずはお昼。
神戸グルメ=洋食のイメージがある私が、女子力の高い「ことりっぷ」にて、
事前リサーチをしたお店グリル一平にて取ることに。
ビーフカツですよ、うまうま。


腹ごしらえをした後は、いざ本格的な神戸観光というわけで、異人館へ。
暑い中、坂を登るのは正直きつい・・・。というわけで、暑さに負けたんです。


六甲牧場のソフトクリームです。王道バニラで攻めました。
チョコレートミックスや、抹茶ミックスという手もありましたが、それはまた次回。

道すがら通り過ごすことが出来ず、北野天満神社に参拝。
坂を登ってきたというのに、また階段。うわぁ。


ただ、高台からは綺麗な神戸の景色が見えました。


萌黄の館や風見鶏の館を見学。
恐らくタカサゴンと巡った以来なので数年ぶり。エアコンが効いてて涼しい。



神戸市で運営しているこの2館以外はかなり入場料が高額なこともあって、素通り。
小雨も降ってきて、歩き疲れしてきたので、カフェを求めてさまようのですが、
このオシャンティなスタバもオーダーするのにも行列。席なんて当然のことながら空いてない。


結局、三宮駅近くの改札隣のカフェにて一服しながら、作戦会議。
夕飯は中華街か予め目星をつけた三宮駅周辺のお店のどちらかにしようということに。


来たよ、中華街。なんか、港町ということもあってか街の雰囲気も作りも横浜とそっくり。
ただ、呼び込みに辟易気味になり、迷いに迷ったあげく夕飯は見送り。
まだ、お腹すいた感じでもなかったしね。

時間つぶしとして、モトコー(元町高架下商店街)を探検。
すんごいマニアックというか、地下的な感じというか。
たまらなく面白い雰囲気な通り。時間と体力があれば、神戸駅近くの奥深くまで歩いていったのですが。ま、断念。

三宮駅まで戻って、下調べをしておいた中華屋さんへ。
歓楽街のど真ん中立地でしたが、こじんまりとしたお店で素直に美味しかったです。

三宮駅までの戻り道は、ホステスさんとかボーイさんからの呼び込みが激しかったですが、
これから姫路駅のビジネスホテルに向かわなければいけない私達には無縁。
華麗にスルーすることになります。そんな中、まだこ氏はお酒の勢いで断り方もテンションあげあげ。ご両親からうけついた関西気質がむくりとお目覚か。

三宮駅からJR快速に乗って姫路駅に向かい、ホテルに無事チェックイン。
姫路にて合流予定だったシナモン氏は、到着が遅れてホテルの部屋飲みには合流できず。

そして、明日に備えて寝るのです。結婚式なんですから。
comments(0) | trackbacks(0)

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://otsm.jugem.jp/trackback/3364

TrackBacks