第16回 文化庁メディア芸術祭

2013.02.17.Sun.20:49
category: 美術展, auther: Hiraku

受賞発表をWEBで見てチェックするだけで十分な気もしてきた昨今ですが、
まぁおもしろい展示もありそうなので、なんだかんだで惰性で見に行って来ました。

なんだか年々展示が見にくくなって混雑も一層酷くなってる気がする。
やっぱり、会場広くするか写真美術館に戻して欲しいところ。気になった作品群をメモ。

■アート部門
欲望のコードは、展示スペースを大きくとってるだけに、別場所でやってもよかった感じ。
でも、こういう作品こそ展示すべき。映像作品やWEB作品は狭い中音声も被る中で見せるもんじゃないかと。
ICCで見逃してたので、体感することが出来てよかったなぁと。

あ、Strata #4も見入ってしまった。

■エンターテイメント部門
ウダー混んでなければ触りたかったな。

迷牛ハナコはどこ?これは、ミルクチャポン自体がすごく面白い。
闘牛エージェンシーならぬ、東急エージェンシーの底力を見た感じ。







高橋優ならぬ高橋乳とか、温水さんならぬ温ミルさんとかもう気合ばっちし。

necomimiは、体験は恥ずかしくて無理でした。なんだか、電通ってコピーライトがあったんだけど・・・。

「はじめよう」は良PVでした。メイキングもおもしろい!





ハイスイノハナは、佐藤雅彦第二世代といった感じ。


勝手に入るゴミ箱は実演が見れてよかった。
KURATASは乗ってみたい。

Perfume "Global Site Project"の大賞は納得。
2次利用の広がりはおもしろかったなぁ。

■アニメ部門
火要鎮は見てみたいなぁ、発売とか公開とかしないのかなぁ。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜、受賞してよかったと思う。
2時間TVスペシャルもこの路線のほうが絶対いい。コナンに毒されてしまった件の作品より断然面白いし、見ていてスカッとする。

■功労者
江並 直美氏の功績は確かに雑誌界にまで影響を与えたところを含めて評価されるべき。
YELLOWSが無ければ、雑誌のヘアヌード解禁への流れはもう少し遅かったかもしれない。

comments(0) | trackbacks(0)

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://otsm.jugem.jp/trackback/3362

TrackBacks