箱根旅行1日目

2012.07.14.Sat.23:36
category: 旅行, auther: Hiraku

夫婦共々30歳になったことを記念して、前々から行こうとしていた箱根へ旅行に行く事にしました。

出張では乗れなかったロープウェイや海賊船にも乗りたいし、美術館めぐりもしたいし、御殿場にも。
といろんな希望と夢を乗せて、珍しく早起きして出発です。

ところが、早朝に神奈川に降った大雨のせいでロマンスカーが運休。
車掌さんが回送電車で女子高生と云々してたのをエロマンスカーとか揶揄した天罰なのでしょうか。
せっかく座席予約した(それも展望席!)のに、普通電車の急行小田原行に乗るはめに。

小田急線の車窓の景色は、なんだか懐かしい。相模大野までは学生時代によく見た景色。
大学時代はよく小田急に乗って都内に繰り出してたよなぁ、同時にかなり元気あったよなぁと。
そんな景色をロマンスカー展望席で見る野望が潰えたのはショックが大きかったのですが、
これはまたリベンジしろという啓示なのであろうと無理やり納得。運良く座れただけ良しとしよう。

なんだか、川の流れがいろいろとおかしい様子が見れました。濁流というか色が茶色いし流れも異常。
ポジティブに考えれば、早朝に大雨降らないとこんな川は見れないもんな、と。
とはいえ、車両基地に止まっているロマンスカーを恨めしそうに見ながら、小田原駅に到着。

箱根湯本までは小田急と相互乗り入れしているのに、小田原駅で改めて箱根登山鉄道に乗り換え。
すべての列車箱根湯本行にすれば良いのに。大勢の観光客がホーム奥のオレンジ部分に向かいます。
電車は赤い塗装が施されてあって、登山電車と同じようなカラーリングになってます。
新しい感じの車両は快適ですが、両数が少ないので観光客でごった返してます。
韓国や中国の人が多くいる中で、欧米系の方もちらほら。「温泉」っていうのが珍しいのかしら。

箱根湯本駅に到着すると、今度は箱根海賊船が運休というショッキングな事実を知ることに。
濃霧と強風で運転の見通しが立たないとのこと。
予定ではこの後、登山電車→ロープウェイ→箱根海賊船→元箱根な予定だったわけですが。

気を取り直して本日最初のスポット、エヴァンゲリオンショップのえゔぁ屋へ。

本日オープンということで、関係者もいる中で痛車も駅隣の駐車場にあったりして。
コスプレをした人が痛車の前で記念撮影をするという一コマもありました。

先日のトトロ放映の後の衝撃の予告映像通り、チラシもこんな感じになってます。

果たして公開間に合うのか?!なんか本編ピアノに関係する何かがあるのかしら・・・。

のっけから大人買いな感じですが、まぁ本日の戦利品です。

L.C.Lの湯はなんだか気になる。あ、人形焼はけっこう美味しかったです。


箱根湯本より登山電車にて強羅駅へ山登り。途中何回もスイッチバックがあって、
あぁ、山登りしてるんだなぁって、旅気分になります。あじさいもまだかろうじて綺麗に咲いてます。

そして、強羅駅に到着。今回の宿「メルヴェーユ強羅」へ先に荷物を置きに行きます。
・・・坂がきつい。送迎をお願いすればよかった。ケーブルカーの傾斜をなめてました、すみません。

本日の予定を組み直す訳ですが、その前に腹ごしらえ。
おくさんの美味しそうだレーダーに引っかかった強羅公園前「山路」にて昼食。
すんなり入れた上に、普通に美味しかったです。やや観光地価格ではありましたが。

強羅駅に戻って、箱根海賊船の運行状況を再確認。これはもう運転する様子はなさそう。
3日目に予定していた美術館めぐりを前倒しすることにしました。
ポーラ美術館は一番強羅駅からも近いので、3日目の行程にも組み込めそうということもあって、
本日回れそうなのは、きっと2館くらいという読みで、ガラス系の美術館以外を回ることにしました。

箱根観光周遊バスという路線で、箱根ラリック美術館へ。
途中、ぐるんぐるん回る行程の道で軽く車酔い。これは、景色をまっすぐ見てないとアウト(おうと)だ。
最悪のマーライオンは避けられましたが、軽く頭痛がやってくるという、参ったなぁ。

箱根ラリック美術館は、美術館自体がとても綺麗で、お庭の芝生も素敵。
時間があればお昼を食べても良かったかもしれない。併設の雑貨ショップもセンスが良い。
創設者のルネ・ラリック好きがひしひしと伝わってくる豪華な収蔵品。
クラシックカー収集から始まって、カーマスコットのルネ・ラリックに魅せられたらしい。
愛着を持って収集してきたルネ・ラリック作品に、すっかり見入ってしまった。
今度はオリエント急行でのティータイムにも参加してみよう。

箱根ガラスの森美術館は・・・展示があってないようなもの。
展示物よりミュージアムショップの方が充実しているという、美術館というよりガラス製品ショップ。

まぁ、お庭は良かったしジェラードアイスクリームは美味しかったとしても、だ。
クリスタル・ガラス・アンサンブルの演奏が聞けなければ、危うく入館料返せーって叫びたくなる。
思わずDVDを買ってしまいました、クリスタル・ガラス・アンサンブル。
水の入ったグラスではなく、水をつけた指でグラスを擦ることで音が出るという不思議。
音が透き通っていて高温が心地よい。DVDの値段も2000円と良心的な価格。
今更ながらCDも買っておけばよかった。
サインを入れて貰って、少し演奏者の方と話しました。これだけでも価値があった!

良い感じで日もくれて、一度宿に戻って夕飯を食べに出かけました。
テレビで特集されていて行ってみたかった、田むら銀かつ亭。
案の定、行列が出来てましたが座りながら待てたのであんまり待った気がしませんでした。
これが炎天下の中立って待つ状況だったら、並ぶのが嫌いな私は無理だっただろうな。
待つこと1時間ほどで、やっと席につけました。
おまたせしてすみませんという感じで、気さくに話をしてくださる店員さんといい、綺麗な店内といい。

そして、豆腐カツは絶品でした。柔らかくて、味も染み込んでいるのに食感が良い!
デザートも美味しくて、何から何まで大満足。並んだ甲斐がありました。

宿に帰って温泉に入って、一日の疲れを落としつつ明日の御殿場アウトレットに備えるのでした。

comments(0) | trackbacks(0)

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://otsm.jugem.jp/trackback/3357

TrackBacks