第15回 文化庁メディア芸術祭

2012.03.04.Sun.20:48
category: 美術展, auther: Hiraku

おくさまの妹さんと行ってきました。そういえば、第12回も一緒に行ったんだっけか。
一昨年の第13回があっけなく見応えなくて、昨年は結局行かずじまいでしたが、
今年は会期ギリギリに滑りこんで行ってきました。

展示スペース自体はやはり小さな印象でしたが、
受賞作品のセレクションが良いせいか、今回はあまり気にはならなかったかなと。

まず、particlesには圧倒されました。かなり好きな世界。
Rhizomatiksも絡んでるのか、良い仕事してるよね。

アニメーションの大賞がまどマギだったのか。
個人的には輪るピングドラムにあげても良かったと思うけど、まぁ一大ムーブメントだったしな。
おまえうまそうだなもまだ見てなかったや。

フミコの告白の石田氏の新作、やはり素晴らしい。Youtubeで見れるので貼ってみた、必見。



前作のフミコの告白も改めて名作だと思う。



マンガ大賞の土星マンションは未チェックだった。
あの可愛くまあるい絵柄も良いし、ストーリーも面白そう。読んでみよう。
しりあがり寿氏のあの日からのマンガは、納得の受賞だと思う。

PVも田中秀幸氏のべろべろは面白かった。
Hietsuki Bushiは宮崎県の民謡のようですが、ミスマッチな不思議な感じが個人的にはGoodでした。



なんか、今回は収穫も多く、時間も要するほど楽しめました。

comments(0) | trackbacks(0)

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://otsm.jugem.jp/trackback/3346

TrackBacks