謹賀新年 2012

2012.01.20.Fri.19:30
category: 日々, auther: Hiraku
遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いします。

Twitterが情報発信やコミュニケーションの中心になってしまい、
このブログも更新頻度下がってしまってますが、
気が向くまま引き続きやってまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

さて、今年のお正月ですが珍しいパターンでの帰省となりました。
年末にわが実家にインフルエンザ旋風が巻き起こり、家族が順繰りに倒れていた様子。
急遽、インフルエンザ予防接種を会社帰りに受けたものの、すぐに効くわけもなく。
30日まで様子見をして、自宅の大掃除や片付けに勤しんでました。
まぁ、新居ですから最初のうちくらいは綺麗にしておこうかと。

大晦日はおくさまのご実家にお邪魔することにしました。
やはり、小さな甥っ子君に会う前には念のため、ということで。
まだ1歳にも満たない甥っ子君はとっても可愛い。
大晦日はほろ酔い加減で、近くの神社で二年参りもしてきました。
とても寒く、雪もちらついてましましたが、楽しく新鮮な年越し。


初売前日、元旦の閑散とした一番町。フォーラス前もこの通り。

2日はおくさまと仙台初売に繰り出したりもしました。
ここ最近は、仙台の街中ではなく泉や仙台港アウトレットに行っていたので、久々。
玉澤総本店で、甘味を補充したりとまったりペースでした。

2日までお邪魔した後は、自分の実家へ戻りました。
なんと、リフォームのせいで私のへやが無くなってしまっている!
妹の部屋との境の壁がぶち抜かれ、スライドスクリーンでしきられるようにはなってはいるものの…。
二部屋を優雅に占拠した妹が、くつろいだ様子で「やぁ」。
そんな中ですが、急場しのぎですが寝るスペースは確保していただきました、有り難や。

4日から6日も休暇をもらったので、父親と家電量販店をめぐったり、
親戚の家に行ったりと充実した年末年始となりました。
残念ながら、父親と毎年のように巡っていたハードオフ多賀城店は
津波の被害からは、立ち直れず今も大破したまま。
宮城県では今でも"地デ鹿"が大活躍中。3月までは続投されてます。

今年は私とおくさまの故郷である宮城県を含む、
東北の人々全てに幸せな日常が戻ることを願いつつ、
日本に大きな厄災が降りかからないよう祈ることから始まりました。
comments(0) | trackbacks(0)

Comments

Leave a comment










TrackBack URL

http://os.pinf.info/trackback/3343

TrackBacks