少女革命ウテナ

2012.05.09.Wed.08:42
category: アニメ, auther: Hiraku
輪るピングドラムが面白く、過去の幾原作品を見たくなったので。
ウテナをまとめてアニメ全話 劇場版まで見てしまいました。

登場キャラのアクの濃さやオーバーリアクション、派手な演出やBGMの使い方などなど。
やはり、幾原作品のハマってしまう要素は織り込まれていて。やはり、引き込まれてしまいました。
当時午後6時からやるアニメとしては刺激的な内容(近親相姦、性描写)が多くあったりして、よくやりきったなぁと。
ヒロインのアンシーは肌が黒いけど、ナディアといいあの頃のトレンドだったのかな。

ただ、内容は色々な謎の解読及び解釈が難しく消化不良なまま残ってしまいました。見返さないとだめなのかな。

劇伴音楽は、個人的には合唱曲は苦手。「絶対運命黙示録」以外は全然記憶に残りませんでした。単純にピアノ曲含む他のBGMは良かったのにね。
その意味ではピングドラムのアイドルアレンジソングは、奇をてらい過ぎずにしっくりいったのかも。

劇場版は、テレビアニメの焼き直しかと思いきやストーリーも全くに近いくらい別物。
監督がテレビアニメでやり損ねたことをすべてやりきったんだなぁと。話の展開が斜め方向にトンでっちゃうアングラ劇団のノリとか、主人公二人の百合展開とか。
ちょっと映画版は、置いてきぼりにされちゃいました。
comments(0) | trackbacks(0)

蟲師

2011.02.15.Tue.00:51
category: アニメ, auther: Hiraku
評価:
---
エイベックス・マーケティング
¥ 34,980
(2009-03-27)

しっとりとしててなかなか良い話ばかり。
怪奇話なんだけど、後味が悪い感じも少なく、安心して見ていられる。
スカパー・ウェルシンクが出資しているだけあって、後半CSでしか放送されなかったという。
まぁ、ずるいけど良いビジネスモデルだよな、って思う。

comments(0) | trackbacks(0)

Panty&Stocking with Garterbelt

2011.02.14.Mon.23:41
category: アニメ, auther: Hiraku
評価:
TCY FORCE produced by ☆Taku Takahashi
フライングドッグ
¥ 3,045
(2010-12-29)

録り貯めてたのをまとめて見ましたが。
久々に馬鹿馬鹿しいけど憎めなくてハマってしまうアニメでした。
敵爆破の実写も気持ちいいし、m-floのTAKUが手がけるサントラもクオリティ高し。
これは、サントラパワープレイ状態になってしまうな。

comments(1) | trackbacks(0)

いばらの王 -King of Thorn-

2010.11.23.Tue.18:54
category: アニメ, auther: Hiraku

冒頭から表現がただただスプラッターで、プライベート・ライアンの再来かと。
キャラデザもなんだか不自然で、なんか違和感のある始まり方。

そして、すみません。観終わっても何も感じるものがなかったです。
いろんな伏線も中途半端に消化されず、わだかまりが残り。
登場人物はほぼ生き残らずに、生き残らずというかなんというか。

ストーリーも、最初はなんか現実味を帯びた感じなのかと思いきや、
ハリウッド的な銃撃シーンとジュラシック・パークのような恐竜戦。
途中から宗教チックかつファンタジーな方向に進んでいき、
急激な変化にちょっとついていけませんでした。

comments(0) | trackbacks(0)

新文芸坐 劇場版「機動警察パトレイバー」 一挙上映

2010.11.13.Sat.09:21
category: アニメ, auther: Hiraku
池袋の新文芸座のオールナイトに行ってきました。
パトレイバー劇場版は一通り見ているのですが、良い機会なので再度見てみることに。

劇場版第一作は、パトレイバーの出番も多く、ストーリーもわかりやすくて、クスッとも笑えるエンターテイメント作品といった感じ。正体の見えない敵と戦う系統作品のはしりかなと。

ニ作目は個人的に一番好き。設定として、第二小隊自体散らばってるし。大好きな
後藤さんが大活躍。そして、切ないラブストーリーありと大人な劇場作品。

WX3は三作目とはいえないかなと。全編笑いどころのないシリアスな展開で、死者が出ない傾向のシリーズにしては珍しく犠牲者多数、それも惨殺シーンもあり。
リアルな描写を狙ってきたシリーズ中では、現実味のない怪物登場で、浮いている感じ。
第二小隊やパトレイバーの出番もほぼ無し。南雲さんは出てさえもいない。
シリーズとしては、最低の出来と思うけど、パトレイバーじゃないと思えば良い作品かなぁと。
comments(0) | trackbacks(0)

もやしもん

2010.10.03.Sun.21:59
category: アニメ, auther: Hiraku

DVDで一気に見てしまいました。
漫画を読んでいなかったので、はやりになってたとはいえ、おもしろいかどうか不安でしたが。
普通に面白かったです。菌の描写も可愛くて好き。
原作愛読者のおくさまも満足度が高かったらしく、原作に忠実だったみたい。

白組はアニメのイメージなかったけど、手がけたりするのね。
3DCGはたしかに良い感じ。

菌劇場はタチコマ劇場っぽいなー。声もそうだけど、攻殻機動隊SACっぽい感じ。
BGMはゲームのロコロコっぽいなー。

comments(0) | trackbacks(0)

借りぐらしのアリエッティ

2010.08.14.Sat.21:30
category: アニメ, auther: Hiraku

実家近所のMOVIXにて。まるでマイシアターのような近さ、羨ましい。
というわけで、レイトショーなので空いてます。ビールとキャラメルポップコーン、もぐもぐ。

で、肝心の映画なのですが、名作になり損なった秀作という感じ。
物語としての盛り上がりにはかけるし、なんだか不条理。
けど、一瞬一瞬の演出はとても丁寧で、アニメーションはとても綺麗。
宮崎作品の泥臭さはなく、すごくお上品な感じ。

うーん、という感じではありますが見て損はない感じ。
音楽は個人的好みから言えば、劇伴ではなかったかな。

comments(0) | trackbacks(0)

となりのトトロ

2010.07.23.Fri.23:13
category: アニメ, auther: Hiraku
評価:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
¥ 3,651
(2001-09-28)

評価:
徳間ジャパンコミュニケーションズ
¥ 1,910
(2004-08-25)

金曜ロードショーで久々に見直した。アップコンの画質がイマイチで、がっくし。
でも、やっぱり自分はジブリ作品でとなりのトトロが一番好きなんだと再認識。

キャラクターがカワイイのももちろん、音楽や世界観がとってもなごむ。
まぁ、ストーリー的にメイの迷子は別にいらないわけですが、まぁそんなの抜きにしても良い。
はぁぁ、ナウシカのようにブルーレイ化されて、綺麗にならないかなぁ。

久石譲の音楽も最高だわ。

comments(0) | trackbacks(0)

ミチコとハッチン

2010.05.10.Mon.09:17
category: アニメ, auther: Hiraku
評価:
メディアファクトリー
¥ 2,520
(2009-01-23)

ストーリーはまあどうでも良いのです。サムライチャンプルーのマングローブ作品だから。
SOULPIMP爆音系ジャズのオープニングからぐっとくる。
真木よう子と坂井真紀が本人容姿と全然違うキャラを演じるというのも面白い!
監督はこの手のギャングものでは珍しい女性。
女性が見ても抵抗ないスタイリッシュな演出がバッチグー!
comments(0) | trackbacks(0)

空中ブランコ

2010.03.01.Mon.21:16
category: アニメ, auther: Hiraku
評価:
---
角川エンタテインメント
¥ 3,550
(2010-01-27)
コメント:破天荒な演出、映像だけどやみつきになりそう。

東映アニメーションもこんな挑戦が出来るんだな、と感心した作品。
ノイタミナの中でもかなり出来がいいんじゃないかなという感じ。

実写映像を取り込んだり、かなりサイケデリックだったりとかなり異色だけど、
それが苦にならない感じ。おすすめ。
comments(0) | trackbacks(0)