安藤裕子「大人のまじめなカバーシリーズ」

2011.03.01.Tue.20:08
category: 音楽, auther: Hiraku

DVD付を狙って購入。だって、林檎殺人事件のカバーPVですよ。
それも、樹木希林出演してるし。

それにしても、アルバム内容自体もよくまとまっていた。
タイトル通り、きちんとカバーしている。ただただ有名曲を取り上げるだけじゃなく、
名曲を発掘しているのもプラス。

comments(0) | trackbacks(0)

平成22年度自衛隊音楽まつり

2010.11.19.Fri.18:58
category: 音楽, auther: Hiraku

最近暴力装置だとか言われて騒がしい中、チケットを入手しましたので行ってまいりました。
九段下でおくさまと合流。日本武道館、なんだかんだで初めて。

会場付近は警官ではなく自衛官が人員整理や警備をやってる。
入場口にもセキュリティーチェクが。

天空の城ラピュタのトランペットソロ曲からスタート。
オープニングから規模が宇宙。陸海空の音楽隊合体でけっこうな迫力。

東部方面音楽隊は、いきなり東京ブギウギをノリノリで唄い出してびっくり。
吹奏楽だけじゃないのね、それも上手だし。
東西音楽隊の合同演奏、龍馬伝は格好良かった。

今回の客演はシンガポール軍楽隊。
ダンス付きで見ててとても華やか。そして、日本のお客さんを意識した曲目も好感。
対して、在日米陸軍と在沖縄海兵隊は我が道を行くアメリカンな選曲。
海兵隊音楽隊の規模が大きいのはやはり、それだけ駐留してるってことなんだよな。
Mr.インクレディブルはかなり良い迫力でのマーチング演奏でした。

そして、もしかすると一番生で聴くのが迫力あって素晴らしいかもしれないのが、自衛太鼓。
身体中が震えるくらいの大音量が心地いいです。

朧月夜を唄っているのも、ピアノもコントラバスもみんな自衛官というのが驚き。
各自衛隊の中央音楽隊の演奏ですが、やはり航空自衛隊が派手で素敵。
ブルーインパルス50周年かぁ。たしかに、松島基地配備されて長いものなぁ。

海上自衛隊の選曲が面白い。戦うはずの海賊のテーマとか、沈没する映画の主題歌とか。
どれもマーチングとしては素晴らしい演奏なんですが。

日米安保改定50周年記念スペシャルセレモニー・・・そうか60年安保からもう50年経つのか。
スターウォーズは圧巻でした。

そして、最後まで「観客の皆様に魔法をおかけします」とハリーポッターのテーマを
演奏したりと、遊び心も満載な素晴らしい演奏会でした。

comments(0) | trackbacks(0)

ディスクユニオン 新宿スーパーセール

2010.09.03.Fri.19:27
category: 音楽, auther: Hiraku

紀伊國屋書店の隣にあるビルにある催事会場にて。
これは、散財の予感。

・電気グルーヴ「ノモビデオ」
・yes, mama ok?「砂のプリン」 → これ、金剛地のバンド作品
・STAN GETZ / BILL EVANS
・モリコーネ・プレイズ・モリコーネ

その他、総計14枚。
結果、おくさまと買いあさった結果、¥16,000ほどが飛んでいきました。
戦利品を片手に、喫茶らんぷるで一息。

comments(0) | trackbacks(0)

ASAHI SUPER DRY THE LIVE

2010.08.28.Sat.00:28
category: 音楽, auther: Hiraku

楽しみにしていたKREVAが急病で出演キャンセル。
ニュースでZEPP仙台公演キャンセルになってたので、ギリギリまで間に合うか間に合わないかな。
という感じだったけど、やっぱり復活間に合わずダメでした。

開演時間がやや遅れて、ゆっくりと千葉みなと駅に移動。
幕張メッセのある海浜幕張駅より遠いのね。
天気は快晴で、うだるような厚さ。でも、海風はやや気持ちが良い。

腹ごしらえに宮崎名物の肉巻きおにぎりとアサヒスーパードライ。
アサヒビールが共催ということならば、ドリンクは出来ればもっと安いほうが良かったな。
ペットボトルとか200円だし。ビールは全部アサヒスーパードライのボトルタイプが350円。

藍坊主〜GOING UNDER THE GROUNDあたりまでは、
基本的に脇の木陰にてまったり聞いてました。
HOME MAID 家族のナンパのような観客へのMCに驚いたり。
SEAMOのMC上手に舌を巻いたり、意外におもしろかった。

お昼は、MONのポートサイド丼なるどんぶりもの。
トンテキがジューシーでチョイスは正解。

シークレットゲストはSuperFly。
意外にも盛り上がりました。まぁ、がっかりしてるお客さんはあんまりいなかったかと。
レミオロメンは貫禄でした。さすがに真夏なので粉雪は降りませんでした。

comments(0) | trackbacks(0)

サントリーホール オルガン プロムナード コンサート

2009.09.10.Thu.20:56
category: 音楽, auther: Hiraku

会社の昼休みに後輩と行ってきました。
ランチタイムに無料でこういうコンサートは良いですね。

森ビル系列はいろいろエントランスでコンサートやってるので、
それもけっこう行ってたりします。

comments(0) | trackbacks(0)

sakai asuka「33-Trenta Tre」

2009.07.22.Wed.22:28
category: 音楽, auther: Hiraku
評価:
sakai asuka,Paul,Ortiz,Fabrizio Rispoli,Ryutaro Makino & Arkitec,Ryutaro Makino
IRMA records
¥ 2,191
(2009-03-04)
コメント:これは傑作。

元ナムコのsakaiasuka氏の作品。
ミッドタウン内のIDEEで試聴、即買いのCD。

作品レベルとしても高いし、IRMA所属の初日本人とは。
男性ボーカリストのみの異色の作品。
ハウスとしては聞きやすい感じで、すごく聴き回してる。 
comments(0) | trackbacks(0)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITION

2009.07.14.Tue.22:38
category: 音楽, auther: Hiraku
評価:
サントラ,Narciso Yepes,シックス・ジョーズ・ウィズ・ストリングス
キングレコード
¥ 2,629
(2009-07-08)
コメント:今作も納得の出来。

走り回って探した結果ですが、無事ゲットです。
タワーレコード新宿店、オタクのつぼついてますね。
初回限定版かつ、紙パッケージ付きですよねと再三の確認で。

それにしても、映画を見たときにも思ったことだけど、
なんというか、やっぱり日本の歌をシーンに挿入する手法は私はちょっと。

劇盤のやっぱりさすがですね。予算も多いと豪華に出来るから。気合いの入り方もはんぱない。
サントラじゃない方もおすすめ。普通に楽曲として良いから。
comments(0) | trackbacks(0)

JOSE "One Night Stands" TRIO @Motion Blue YOKOHAMA

2008.09.22.Mon.18:04
category: 音楽, auther: Hiraku
ミュージックチャージがメルマガ登録抽選で当選してしまうという幸運で、
一週間後にまた来てます。仕事をかなり早く切り上げて会社から直行。
おなかもすいていたので、ちょうどよく夕食にありつけました。

ピアノ演奏がかなりアグレッシブで、若い感じがします。
ロックな雰囲気があって。衣装もアロハにジーンズでアフロという出で立ちも衝撃だった。
まるでピアノをおもちゃのように弾いていて、本当に楽しそう。
comments(0) | trackbacks(0)

Jazztronik Exclusive Lounge Set @Motion Blue YOKOHAMA

2008.09.15.Mon.19:40
category: 音楽, auther: Hiraku
Wカップルと1人の5人という何とも貴重な組み合わせで、モーションブルーヨコハマにて。

今まで一緒じゃなかったのが珍しい、弦セクションが4人。
のっけからノリのよい曲が続き、ほんと心地よい感じ。

ジャズレストランでお気に入りの曲を聴きながら食事ってすごくいいな。
それに、ステージコンサートと違って、客席と演奏者がものすごく近い。
これもすごく良い!何でチケットがカルークとれたのかが謎ですが、ほんと良かった。
comments(0) | trackbacks(0)

川井憲次コンサート2007 Cinema Symphony

2007.11.04.Sun.18:55
category: 音楽, auther: Hiraku

期待以上のボリュームと迫力。やっぱりライブは違うなぁ。
それに生楽器が多いからアレンジも違うので、オリジナルとの響きの違いも楽しめる。

でも、不満点はやっぱりあります。Avalon楽曲の為に来日したオペラ歌手が酷すぎた。
コンディションが悪いのか音は外すし、声量が出てない。
児島氏も詩には魅力があるんだけど、歌唱力は…。
ホールが広いせいもあるけど、PAの下手さも気になる。
電子楽器も混在する中で難しいのはわかるけどマイクの設置とレベルの調整が下手。
拾わなくて良い音を結構増幅させちゃってる。

坂本美雨は、さすが。歌本当に上手い。お父さんに顔が似てると改めて思った。
あとは、西田社中。すばらしいとしかいえない。

何より、川井憲次氏の楽曲に酔いしれていました。それだけで、もう満足。
comments(0) | trackbacks(0)